|【2021年】厳選!格安スマホ/インターネット |

格安スマホ/ネットの参考書

格安スマホ&ネット通信

文字サイズ

光コラボレーション

光コラボレーションは今までの光回線の仕組みを変える制度ですが、申し込み前にはよく注意することが大切です。

光コラボレーションとは、NTT東日本・NTT西日本が提供している「フレッツ光」の提供を各事業者が受け、フレッツ光の速度・品質はそのままに各事業者が独自のキャンペーンや施策をプラスした新しいインターネットです。

この光回線はNTTのものをそのまま使うので、回線の速度や安定性はそのままになります

光回線の料金やサービス情報、基礎知識やトラブル改善など重要なポイント

光コラボ転用でのメリット →フレッツ光から光コラボへの転用メリット

光コラボの料金プラン比較|どこが一番おトクに使える? →光コラボ月額料金はどのくらい

解約違約金不要の光コラボ→契約期間なしがよい

光コラボの速度が遅い →遅く感じたらどうする

光コラボキャンペーン→キャシュバック

携帯キャリアの光コラボレーション

ソフトバンク光 「ソフトバンク光」の特徴やメリット

NTT東日本・NTT西日本の光ファイバー回線を使って、ソフトバンクが提供するインターネットサービスです。ソフトバンクのスマホとセットで 1台あたりスマホの通信料が 永年毎月 1,100円割引…

auひかり auひかりの特徴やメリットとは?

光コラボではないですが、KDDIの光ファイバーを利用した高速インターネットサービス。他社ネット回線の乗り換えキャッシュバックなど、auスマホの月額料金が1,100円割引されるのでauユーザーにとってお得な光回線…

ドコモ光 ドコモ光の特徴やメリットとは?

NTT系の大手キャリアdocomo(ドコモ)がフレッツ光回線を使ってドコモが提供する光インターネットサービスです。スマホ・ケータイのプランとの割引「ドコモ光セット割」でドコモのスマホが月々-1,100円/台割引に。…

ブロバイダの光コラボレーション
OCN光 「OCN光」で自宅ネットとセットでお得

「OCN」のブランドで提供されている光回線「OCN光」と格安SIM「OCNモバイルONE」は、どちらもトップクラスのシェアを持つサービスです。そのセットで割引が受けられ「OCN光モバイル割」…

So-net光プラス 「So-net光プラス」の特徴やメリットとは?

So-net光プラスは、So-netが展開しているフレッツ光回線とSo-netのプロバイダがセットになった光コラボ(光コラボレーション)です。auスマートバリューが適用されスマホとのセット割があります…

DTI光 「DTI光」の特徴やメリットとは?

DTI光という光コラボレーションサービスも提供して「光回線」と「プロバイダサービス」をセットにした最低契約期間や違約金・解約金のない光回線プランを提供しています。知名度はあまりありませんが、通信速度に定評があります。格安モバイルの提供ももちろんあり。…

ビッグローブ光 「ビッグローブ光」セット割のメリットとは?

ビッグローブ光は、大手プロバイダーBIGLOBEが運営する高速光インターネットです。ユーザーサポートや質の良いサービスが高い評価を受け、IPv6接続で通信速度にも定評があります。auユザーやBIGLOBEモバイルを契約している人におすすめの光回線です…

光コラボ(プロバイダ)を選ぶために

光回線のプロバイダは多数あり、料金プランも複雑なため「どのプロバイダがよいのか分からない」という状態に陥りがちです。

キャッシュバックの金額や特典だけを目当てに乗り換えてしまうと、不要なオプションがついたりしてトータルの支払い金額が多くなってしまうことも多いです。

実は、ポイントを2点に絞ればプロバイダの選び方は単純で、

  • 使っているスマホとのセット割があるかどうか
  • 希望の通信速度が出るか

上記の2点を中心に選ぶのが最もおすすめです。

プロバイダはスマホのセット割で選ぶ

これから光回線プロバイダを選ぶのであれば、いま自分が使っているスマホのキャリアとセット割が組めるプロバイダを選ぶのがおすすめです。

自分が使っているスマホと特定のプロバイダの組み合わせで適用される「セット割」は、毎月最大で2,000円/月程度の割引を受けることができます。

光回線プロバイダは、エリアによって契約できる/できないものがある

光回線プロバイダは大きく分けると「光コラボ/auひかり/NURO光/電力系光回線」の4つに分けることができます。

このうち、光コラボはフレッツ光回線なので全国的に契約できるのに対し、auひかり/NURO光/電力系光回線(eo光など)は特定の地域でしか使えないという特徴があります。

月額料金が安く、大手のプロバイダを選ぶのがおすすめ

光回線プロバイダは、マイナーなプロバイダだと契約中なのに突然サービスが終了してしまうなどのトラブルがないとは限りません。

また、聞いたことがないプロバイダだと口コミや評判が分からない、料金が大して安くない、違約金が高額などのデメリットがあることも多いので注意しましょう。

基本的には月額料金が安く、かつ知名度があって利用者が多いプロバイダを選部のが無難です。

シーンによって使うべきプロバイダを選別

光回線は、2年または3年の契約期間あり、途中解約には違約金が発生します。

例えば、引っ越しの予定がある、仕事上転勤が多いといった方は。光回線にこだわらず高速モバイルルーターを契約下方がよいでしょう。

WiMAXやポケットWi-Fiなどは、自宅だけではなく屋外でも快適にインターネットを使えます。通信エリア内ならモバイルルーターがあればどこでも使えます。

利用イメージに合致するインターネットの使い方やシーンを思い返してみて、本当に契約するべきはどれなのかを考えておきましょう。

戸建タイプとマンションタイプの違い

光回線には「戸建てタイプ」と「マンションタイプ」があり、これらの違いを簡単に説明すると、

戸建てタイプとマンションタイプの違い
戸建タイプ 近場の電柱などから光回線を引っ張り占有して使うため、通信速度は安定して速い。
マンションタイプ 建物全体で光回線を使用するためアクセス数が増えると通信速度が遅くなりやすい。
キャッシュバックは、条件を必ず確認する

光回線プロバイダの契約につきものなのが、キャッシュバックキャンペーンです。

契約をするなら、キャッシュバック金額は高額な方が嬉しいですが、これらのキャッシュバックは高額であればあるほどさまざまなオプションに加入する必要があるケースが多いので注意が必要です。