|【2021年】厳選!格安スマホ/インターネット |

格安スマホ/ネットの参考書

格安スマホ&ネット通信

文字サイズ

複数枚のSIM・シェアプランのある格安SIM・MVNO

格安SIMに家族みんなで乗り換えてスマホ代を節約したいという方も増えてきており、パケットを複数回線で分け合えるシェアプランの利用者が徐々に増えてきています。

シェアプランとは1契約で複数枚のSIMカードが使えるプランのこと。スマートフォンやタブレットなどにそれぞれ挿して使ったり、家族で1枚ずつパケット容量を分けあって使うことが可能です。

スマホやタブレット、iPhoneやAndroidといったように複数の端末を、時と場合によって使い分けているという方もいることだろう。

他にも、家族みんなでスマホを使いたいが通信費がかさんでしまって大変、という方もいらっしゃることと思う。そういった方こそ、シェアプランのあるMVNOサービスはピッタリだ。

格安SIMのシェアプランのメリット

  • データ容量を複数回線で共有することが可能
  • 契約・支払情報を一元化
  • 個別で契約するよりも月額料金が安くなる可能性がある

複数台の端末でも1契約で

端末を複数台所持している場合、それぞれでネット回線の契約をするとなると非常に手間がかかります。 そこで便利なのが、複数枚のSIMをシェアするプラン。

契約が1回で済み、スマホだけでなくタブレットなど他の端末にもSIMを利用することが可能です。
毎月の支払いも1つにまとまるので、支払い方法や口座の準備も楽になります。

家族で分けて通信費をさらに節約できる

家族内で複数枚をシェアすることでさらに料金の節約期待できます。

家族の中でも一人ひとりが1回線ずつ契約すると、パケットの使用量を使い切らずに毎月過ごしている人がいるかもしれません。 そういう場合、もったいない気がしませんか?そう思った方は、SIMをシェアできるプランを契約する方法がおすすめ。

大容量プランを選びSIMを家族で分けて使えば、通信量を無駄なく使うことができるしょう。

IIJmio(みおふぉん) マルチキャリア対応で、データシェアもできる

IIJmio(みおふぉん 音声通話SIM データ通信SIM データ容量 回線
2,442円 1,672円 6GB docomo
au
■高速通信容量 1GB・/3GB・6GB・12GB

IIJmioのおすすめポイント

  • バースト機能に対応
  • 高速データ繰り越しや通信速度切替に対応
  • 全プランで複数SIMに対応
  • 「みおふぉんダイアル」「ファミリー通話割引」「通話定額オプション」とサービスが充実
  • 高速データ繰り越しや通信速度切替に対応
  • プランがシンプルでわかりやすい

IIJmio(みおふぉん):最大10枚まで利用可能

「ミニマムスタートプラン」「ライトスタートプラン」なら最大2枚まで、「ファミリーシェアプラン」なら最大10枚まで利用可能だ(そのうち音声通話対応SIMは最大5枚まで)。

10枚も契約できるので、例えば家族分の音声SIMを契約してタブレット用のデータSIMやWi-Fi機器のデータSIMも全てまとめて1契約にすることも出来ますね。

SIMの種類や枚数に応じて月額料金が追加になる。追加するのが音声SIMの場合は、音声通話機能付帯料として1枚あたり700円が発生する。また「ミニマムスタートプラン」「ライトスタートプラン」なら2枚目以降、「ファミリーシェアプラン」なら4枚目以降は、追加SIM利用料として1枚あたり400円が必要になる。

他にも仕事でスマホやタブレットを使う方など、複数の端末を使ってたくさん通信したいユーザーにも向いているのではないだろうか。

IIJmioにはシェアプラン用の大容量オプションがあり、これが非常にお得なので紹介しておきます。 追加で月額3,100円(税別)で20GB追加、月額5,000円で30GB追加することが可能で、各社の金額を見てもこの追加オプションはとてもお得です。

公式サイトへIIJmio(みおふぉん)
※このボタンからお得な特典をチェック

 

BIGLOBEモバイル シェアSIMをプラスすれば、複数端末でデータ通信使えます

BIGLOBIモバイル 音声通話SIM データ通信SIM データ容量 回線
1,320 円 1,8701円 6GB docomo
■高速通信容量 1GB・3GB・6GB

BIGLOBEモバイルのポイント

  • 「かけ放題」と「通話パック」を選べる通話オプション
  • 動画見放題・音楽がカウントフリーになる「エンタメフリー・オプション」
  • シェアSIMに対応
  • 無料でWi-Fiスポットが使えるサービスも
  • 直近3日間による通信制限が無い
  • データ繰り越しに対応

BIGLOBEモバイル:シェアSIMを使って最大5回線でデータ容量を共有できる

BIGLOBEモバイルでは3GB以上のプランから利用可能で、最大5回線(メインの1回線+4回線まで)までのSIMでデータ容量を共有できる「シェアSIM」が利用可能だ。 30ギガプランまであるので、大容量の通信にも対応可能 。

主SIMが音声通話SIMなら、追加するSIMは音声通話SIM・データSIMのどちらでもOK。主SIMがデータSIMなら、追加するSIMもデータSIMのみとなる。 追加SIMの利用料金として、音声通話SIMなら1枚につき月額基本料金900円、データSIM(SMSあり)は320円、データSIM(SMSなし)が200円で利用できます。。

中くらいのデータ容量である6GB/月のプランでも複数枚のSIMを使えるので、「大容量で無くても良いけどSIMカードはいくつか使いたい」といった方におすすめ。

契約時にかかる費用は、SINカード追加手数料3,000円、SIMカード準備料394円が追加分のSIM契約にかかります。

YouTube等がカウントフリーになるエンタメフリー・オプション(有料)も利用可能

公式サイトへBIGLOBEモバイル 格安SIM
※このボタンからお得な特典をチェック

 

mineo(マイネオ) パケットを最大10回線までシェア

mineo 音声通話SIM データ通信SIM データ容量 回線
1,518円 1,265円 5GB docomo ・au・Softbank
■高速通信容量 1GB・5GB・10GB・20GB 

mineoのポイント

  • docomo・au・Softbankの回線を選べるトリプルキャリアMVNO
  • 500MB/月から選べるプラン
  • auプランはSMSが月額基本料無料。音声通話プランも安い
  • 「複数回線割」や「家族割」がある
  • データ容量を共有できる「パケットシェア」や「パケットギフト」も
  • mineoユーザー同士でデータ容量を助け合う「フリータンク」
  • 長く利用すればお得になる、長期利用特典

mioneユーザー同士でデータ容量を贈り合える

毎月利用するスマホのデータ通信量は、場合によっては使い切れずに余ってしまうことがあるかもしれません。そんな時に便利なのがパケットシェアです。

パケットシェアはmineoの独自のサービスで、あらかじめ設定した回線間で繰り越したデータを分け合える便利な機能です。

当月中に余ったデータ容量がある場合、翌月になったらそれを家族でシェアできる機能だ。最大10回線までシェアできる。

利用状況によってはパケットが余ってしまうこともあります。しかしmineoの場合、登録メンバーにデータ通信をたくさん使う人、あまり使わない人がいてもデータ通信を無駄なく使うことができるのでスマホ代の節約にも繋がります

繰り越したパケットは、優先的に消費され、翌月中にも消費されない繰り越し分のパケットは、翌々月以降消滅します。

違う回線同士でもmineoユーザーならパケットを受け取ったり送ったりできる(当月中に余ったデータ容量を翌月にシェアできる) 「複数回線割」「家族割」「パケットギフト」と、使い勝手のよいシェアプランが用意されている

公式サイトへmineo
※このボタンからお得な特典をチェック

 

OCN モバイル ONE SIMカードを追加して容量を分け合ってお得に使える

OCNモバイルONE 音声通話SIM データ通信SIM データ容量 回線
1,320円 1,100円 6GB docomo
■高速通信容量 1Gb・3GB・6GB ・10GB

OCN モバイル ONEのポイント

  • プランのバリエーション
  • 通話料半額アプリやかけ放題で通話がお得
  • 通信制限なし
  • SIMカードの追加が可能(通信容量はシェアされる)
  • OCNのオンラインストレージなどが使いやすい
  • IP電話「050 plus」とのセットもおすすめ

OCNモバイルONEはSIM追加で容量シェアできる!

OCN モバイル ONEは、1契約につきの通信容量を合計5枚のSIMカードでシェアすることができます。 家族で通信容量をシェアしたい方、スマートフォン・タブレット端末・ゲーム機などの複数の端末を利用する方などにおすすめです。

こんな方におすすめ
  • ●たくさん使う人と使わない人がいる
  • ●それぞれ、毎月の通信容量が異なる
  • ●スマホやタブレットなどの複数のモバイル端末を持っている
  • ●メインで利用するモバイル端末以外は時々しか使わない

料金はデータSIMの場合、SIM1枚あたり月額400円がプラスになる。例えば「3GB/月コース」なら、SIM3枚で月額1,900円、SIM5枚で月額2,700円となる。

なお、音声通話SIMを追加するなら1枚あたり月額1,000円がプラスとなる。

新規契約時に追加SIMも契約すればSIMカード追加手数料は無料になります。 ただし、SIMカード手配料は必要です。 追加SIMのみあとから契約する場合、SIMカード追加手数料とSIMカード手配料がかかります。

公式サイトへOCNモバイルONEの格安スマホ
※このボタンからお得な特典をチェック

 

イオンモバイル 複数のSIMで、通信容量を分け合える

イオンモバイル 音声通話SIM データ通信SIM データ容量 回線
1,408円 968円 4GB docomo ・au
■高速通信容量 1GB~50GB

イオンモバイルのポイント

  • データ容量の翌月繰り越し可能で無駄なく使える
  • 家族の利用にもおすすめできる最大5枚まで使える「シェア音声プラン」
  • 「10分かけ放題」や、IP電話による「050かけ放題」も
  • 店舗でのサポートが受けられる
  • 最低利用期間がないため解約金の心配ゼロ
  • 高速/低速の切り替えが可能で通信速度をコントロールできる

イオンモバイル:シェア音声プランで最大5回線まで契約可能

1契約に付き最大5回線までの利用が可能です。月700円(税別)の利用料で音声SIMも契約できるので個別契約と同じ感覚で使用することが出来ます。

複数のSIMを使い分けることができるので、家族でデータ容量をシェアしたり、タブレット用、仕事用などに使い分けることができる。

イオンモバイルのシェアプランは料金プランの選択肢が豊富です。4GB~50GBまで8種類のプラン(1,780円~9,280円)から選ぶことができるので、ライトユーザーからヘビーユーザーまで無駄なく利用できるプランが揃っています。

注意点としては1回線増やす毎に3,000円(税別)の事務手数料がかかることと、3回線目以降、4回線目から追加利用料として月額にプラス200円(税別)かかるので気を付けてください。

公式サイトへ業界最安級の格安スマホ「イオンモバイル」
※このボタンからお得な特典をチェック
まとめ

スマートフォンやタブレットなどにそれぞれ挿して使ったり、家族で1枚ずつパケット容量を分けあって使うことが可能です。

スマートフォンとタブレットの2台持ちをしている人は、タブレット用の回線をシェアプランで契約すると、タブレット単体でも通信できます。

データ通信量を共有するというところで注意点も多いシェアプランですが、うまく使えば家族みんなで格安SIMに乗り換えて毎月のスマホ代を大幅に節約できます。 家族だけではなく一人で複数のデバイスを持っている人でも単体で通信できるメリットがあるので、まだシェアプランを使ってない人は一度試してみてはいかがでしょうか。













光回線?WiMAX? 比較が複雑なインターネット回線
「光回線?モバイルWiFi?WiMAX?どれを選べばよいのか?」
「インターネット回線の種類が多すぎて、迷ってしまつよく分からに」

各インターネット回線は、基本料金や速度、プロバイダ料金、キャンペーンなどそれぞれ異なります。安易に契約すると、年間数万円も損してしまったり、速度が遅いなんてことも…

一番の基本は、知名度のあるところから検討することをおすすめします。


種類が多すぎる?インターネット回線とは



インターネット回線には数種類があります。様々な種類によって差異がありますが、大きく分けて2つ。それが固定回線とモバイルWiFiです。



インターネット回線の種類は2つ!

固定回線

固定回線とは、光ケーブルや電話線など有線にて繋ぐインターネット回線。

よって、特定の場所でないと利用できません。また、速度制限もかからないので、ネット利用が多い方や家族でお住いの方にはおすすめです。しかし、宅内工事が必要になる場合もあります。

種類:光回線、ケーブルテレビ、ADSL



モバイルWiFi

モバイルWiFiとは、WiFiルーターを用いて無線で接続するインターネット回線のことです。光回線に比べ安定感には欠けますが、一般的なネット利用には不便はありません。

通信速度は光回線と遜色ない程度まで進化。そんなモバイルWiFiは、現在LTEとWiMAXという2つの種類があります。

1人暮らしの方や外出先でもネットを利用したい方におすすめです。工事が必要ないので、WiFiルーターが届いたらすぐに利用できます。

種類:ポケットWiFi(LTE)、WiMAX


固定回線~光回線・ケーブルテレビ・adslなど~
光回線とは光ファイバーを使うインターネット回線です。2021年4月現在の主流はこちらになります。最高通信速度は1Gbps~2Gbpsという超高速通信を可能にしています。固定なら間違いなく光回線を選ぶのがおすすめ! ケーブルテレビとは ケーブルテレビの回線を用いるインターネット回線。速度の安定性が悪く特にマンションだと通信が混雑するので遅くなることが多いです。最高通信速度も1Mbps~300Mbps程度となっています。