|【2021年】厳選!格安スマホ/インターネット |

格安スマホ/ネットの参考書

格安スマホ&ネット通信

文字サイズ

通信速度が安定した格安SIM

「毎月のスマホ代は安くしたいけど、速度だってやっぱり譲れない」とお考えの方。

ただ、利用者として知りたいのは「その格安SIMはどれだけの通信速度を出せるのか」ということでしょう。ウェブサイトを閲覧したり、動画を視聴したりするだけでなく、メールやメッセージの送受信にも通信速度は必要です。にもかかわらず、格安SIMの通信速度は実際に自分が使ってみないとわからないというのが現実です。

大手携帯キャリアと比べて毎月のスマホ料金が安い格安SIM。料金が安いのはうれしいが、肝心の通信速度は遅いと言われている。

格安SIMは、時間帯や場所によって通信速度が遅くなりがちだ。ちなみに、12時は昼休み時、18時は帰宅時ということでスマホを使う人が増加します。そのため、回線が混雑することで通信速度は低下します。一方、15時は仕事中などの人が多くスマホを使う人が減るため、回線が空いており通信速度は向上します。

ただ、その度合いは通信会社ごとに異なっており、重要な要素のひとつと言える。

通信速度が安定したオススメの格安SIM

Y!mobile (Y!mobile)

Y!mobile 音声通話SIM データ通信SIM データ容量 回線
2,680円/月 -円/月 3GB Softbank
■高速通信容量 3GB・9GB・14GB

Y!mobile(ワイモバイル)のポイント

  • SoftBank直営の安心感、大手と変わらない使用感
  • わかりやすい料金プラン 通話もデータもコミコミ
  • お昼も夕方も遅くならない通信安定性
  • 10分以内の通話無料 回数無制限で専用アプリ不要
  • 家族割で毎月500円割引 2台目以降に割引適用
  • テザリングが無料。
  • キャリアメールがもらえる
  • Yahoo!JapanとのID連携サービスが魅力
  • 10分以内の通話無料 回数無制限で専用アプリ不要
  • SoftBankWi-Fiスポットが使える

Y!mobileはSoftBankのサブブランドとして展開している格安SIMです。SoftBankとの繋がりが強いため、通信速度が速いです。

Y!mobileなら、速度で困ることはほとんどないでしょうし、今後の速度低下も考えにくいです。

特筆すべきは充実した通話プラン。実はY!mobileは、10分までの通話が無料でできてしまうんです。まさに通話の点では最強です。

誰とどれだけ長時間通話をしても定額の「スーパーだれとでも定額」があります。しかも月額1000円。通話を重視するなら、Y!mobileがオススメです。

公式サイトへ :Y!mobile(ワイモバイル)
※このボタンからお得な特典をチェック

 

UQ mobile

UQ mobile 音声通話SIM データ通信SIM データ容量 回線
1,628円 1078円 3GB au
■高速通信容量 3GB・15GB・25GB

UQ mobileのポイント

  • 通話オプション加入+auID登録せデータ容量増量
  • 余ったデータ容量を1ヵ月繰り越せる
  • 店舗数が多い
  • 通信速度が格安SIMで一番速い。
  • 公衆無線LANサービスのオプションもあり。VPNによりセキュリティを確保
  • 高速モード・節約モードの2つのデータ通信方法でデータ容量の消費を最小限に!
  • デザリング機能無料
  • 低速通信下でも300Kbps

UQモバイルはau系列の格安SIMです。圧倒的な通信速度が特徴で、大手3キャリアとあまり変わりません。

特に、お昼の時間や夕方混雑時にも強いため「いつでもサクサク使える格安SIMがいい」という方には非常にオススメです。

UQの高速通信容量を消費しない節約モードでは、最大300Kbpsまで速度が出るんです。画像や動画をあまり使わないSNSではこれで十分。ただし重たいWebサイトや動画のストリーミング再生は厳しいので、アプリで細かく設定を切り替えて使うことが節約の第一歩です。

UQモバイルは高セキュリティのWi-Fiスポット「ギガぞう」も月額165円から使用できるので、これを組み合わせることで、パケットの節約がしやすいのが特徴です。

公式サイトへ :格安スマホならUQ mobile
※このボタンからお得な特典をチェック

 

BIGLOBEモバイル

BIGLOBIモバイル 音声通話SIM データ通信SIM データ容量 回線
1,320円/月 770円/月 3GB docomo ・au
■高速通信容量 1GB・3GB・6GB

BIGLOBEモバイルのポイント

  • 「かけ放題」と「通話パック」を選べる通話オプション
  • 動画見放題・音楽がカウントフリーになる「エンタメフリー・オプション」
  • シェアSIMに対応
  • 無料でWi-Fiスポットが使えるサービスも(6GB以上のプランだと無料)
  • 直近3日間による通信制限が無い。
  • データ繰り越しに対応
  • 通話料が安くできるオプションが豊富
  • 光回線とセットで使うと割引
  • ドコモプランは3日間の速度制限なし

BIGLOBEモバイルは回線の増強を積極的に行なっている格安SIMですね。YモバイルやUQモバイルと比べると速度は落ちますが、24時間安定した速度が保たれて十分快適に利用できる速度を出しています。

回線増強も公式サイトにで公表されています!

料金は、Y!mobileやUQモバイルと比べるとリーズナブルですので、料金を重視する方にオススメと言えます。

さらに、カウントフリーオプションがとてもお得。YouTubeなどの動画系やradikoやAmazon Musicなどの音楽系など幅広くサービスに対応しています。もう動画視聴に容量を気にしなくても大丈夫なんです。

公式サイトへ :BIGLOBEモバイル
※このボタンからお得な特典をチェック

 

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん 音声通話SIM データ通信SIM データ容量 回線
1,760円 990円 3GB docomo ・au
■高速通信容量 1GB/3GB・6GB・12GB

IIJmioのおすすめポイント

  • バースト機能に対応
  • 高速データ繰り越しや通信速度切替に対応
  • 全プランで複数SIMに対応
  • 「みおふぉんダイアル」「ファミリー通話割引」「通話定額オプション」とサービスが充実
  • 高速データ繰り越しや通信速度切替に対応
  • プランがシンプルでわかりやすい
  • ドコモ・au・SoftBankのトリプルキャリア対応

通信速度も格安SIMの中では安定していますし、回線混雑時間でもある程度の速度で通信ができます。速度に波があまりなく「そこそこ安定した速度を保っている」というのが最大の特徴ですね。

もちろん、Y!mobileやUQモバイルと比較すると速度は劣りますが、その分価格もリーズナブルなため「速さも大切だけど、安さがやっぱり一番」という方にはぴったりです。

IIJmioは家族全員でお得に利用できるファミリーシェアプランが優秀で、これから家族全員で乗り換えるなら、かなり格安で利用可能です。 特に家族間通話が60%OFFで利用できたり、通信容量をシェアできます。

公式サイトへ :IIJmio(みおふぉん)
※このボタンからお得な特典をチェック

 

OCN モバイル ONE

OCNモバイルONE 音声通話SIM データ通信SIM データ容量 回線
990円 858円 3GB docomo
■高速通信容量 1GB・3GB・6GB・10GB

OCN モバイル ONEのポイント

  • 音楽聴き放題/カウントフリー
  • テザリングが無料
  • 3日間使用量による制限なし
  • SIMカードの追加が可能(通信容量はシェアされる)
  • バースト転送で低速も速い
  • 通信速度の切り替えが可能
  • 公衆無線LAN(Wi-Fi)が無料
  • OCN光とのセット割あり
  • 取り扱いスマホ端末が豊富でスマホセットだと格安スマホが大幅割引で買える

ドコモ回線で比較的安定している通信速度の格安SIMで料金やサービスとのバランスを考慮した場合に一番おすすめするのはOCNモバイルONEです。

OCNモバイルONEは2019年の暮れに新料金プランを発表し、その新料金プランから通信速度がグッと上がった印象なので、今旬の格安SIMです。

また、通話した時間が長いトップ3がかけ放題になる「トップ3かけ放題」がオプションとして利用可能です。 電話番号などを登録する必要がなく、自動的に通話時間が多いトップ3の通話料金が0円になります。特定の人物とだけ長電話をする人には、かなりお得になるサービスと言えるでしょう。

公式サイトへ :OCNモバイルONEの格安スマホ
※このボタンからお得な特典をチェック

 

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」

楽天モバイル 音声通話SIM データ通信SIM データ容量 回線
3,278円/月 -円/月 ギガ使い放題 rakuten
■高速通信容量 ギガ使い放題・パートナーエリア(au)5GB

楽天モバイルのポイント

  • 料金が超安い、1年間無料で使えて2年目以降は月2980円
  • 楽天回線エリアならギガ使い放題
  • パートナーエリアだと1Mbpsが使い放題
  • 電波が良い場所なら速度が超速い
  • 国内通話がかけ放題
  • 取扱端末が豊富。
  • 全国に実店舗がある
公式サイトへ:楽天モバイル

ドコモ・au・ソフトバンクに続く日本第4のMNO(移動体通信事業者)としてついに参入した、楽天モバイル。

2020年4月時点で楽天回線エリアは首都圏・中京圏・関西圏の一部のみで、それ以外はauから回線を借りてのローミング接続となります。

今後基地局を徐々に整備し、楽天エリアを広げていくことでしょう。

楽天回線エリア内であればデータ通信は無制限で、かけ放題もついている。

サービス開始時の楽天回線エリアは東京周辺・大阪・名古屋・京都・神戸といった大都市を中心としたごく一部に限られている。

無制限にデータ通信できるのは楽天回線エリアだけ。 それ以外の国内のエリアではパートナー回線(au回線)によるデータ通信となり、高速データ容量は5GB/月を使える

ちなみに5GB/月を超えた後は最大1Mbpsの通信速度で使えるようになった。

公式サイトへ楽天モバイル
※このボタンからお得な特典をチェック