|【2021年】厳選!格安スマホ/インターネット |

格安スマホ/ネットの参考書

格安スマホ&ネット通信

文字サイズ

格安SIM「通信速度の切り替え機能」のメリットは?

高速通信と低速通信が切り替えられる、速度切り替え機能のある格安SIMを紹介します。高速通信を必要としないWEBブラウジングなどの際に、低速通信モードに切り替えることで、通信量を節約し、通信料金を抑えることができます。

同機能を使うと、高速通信と低速通信を専用アプリやウェブサイトから自由に切り替えることができます。この通信速度切り替えを上手に使うことで格安SIMではさらなる節約ができるようになります。格安SIMの通信速度切り替え機能はユーザーにも通信会社にもメリットのある一石二丁の機能なのです。

格安SIMではデータ利用量を使い切ると通信速度が低速に切り替えられてしまいますが、切り替え機能が提供されている格安SIMでは、ユーザー自身が任意のタイミングで通信速度を低速に切り替えたり、高速に戻したりすることができます。 低速通信時はデータ利用量の消費がストップします。つまり、通信速度を低速に切り替えれば、限りあるデータ利用量を節約できるというわけです。

速度切り替えが便利な格安SIMをピックアップ

「UQ mobile」低速時でこちょっとだけ速い

UQ mobile 音声通話SIM データ通信SIM データ容量 回線
1,628円 1,078円 3GB au
■高速通信容量 3GB・15GB・25GB

高速通信と低速通信の切り替えをすることで、高速通信が必要ないときはデータ容量を消費せず節約することができます。データチャージはサイトからいつでも簡単に行うことができます。

低速時の通信速度は上り・下りともに最大1Mbpsと、一般的な低速通信速度の200kbpsに対して5割増しになっています。絶対的な通信速度そのものは低速ですが、ほかの格安SIMの低速通信と比べると、テキストや画像などが若干スムーズに読み込まれます。

公式サイトへ格安スマホならUQ mobile
※このボタンからお得な特典をチェック

 

OCN モバイル ONE

OCNモバイルONE 音声通話SIM データ通信SIM データ容量 回線
990円 858円 3GB docomo
■高速通信容量 3GB・6GB・10GB

OCNモバイルONEには低速と高速を切り替えるアプリがあります。

OCNモバイルONEの低速モードの実際に出る通信速度は240kbpsです。低速モードは契約データ量の半分まで使えます(例3GBプランの場合は、低速モードは月1.5GB使えます)。バースト転送(転送量150KB)があります。

その他、OCNモバイルONEはMUSICカウントフリーでデータ消費なしで音楽を聴くことができます。

MUSICカウントフリーの対象アプリ
Amazon Music(Prime Music、Amazon Music Unlimited)、ANiUTa、AWA、LINE MUSIC、dヒッツ、Google Play Music、Spotify、ひかりTVミュージック、RecMusic 。

対象アプリの場合は低速モードにすることなく、高速通信のままでデータ消費なしに音楽が聴けます(低速モードの制限にも引っかかりません) 。

公式サイトへ :OCNモバイルONE
※このボタンからお得な特典をチェック

 

「mineo」複数回線でも切り替えやすい

mineo 音声通話SIM データ通信SIM データ容量 回線
1,518円 1,2650 5GB docomo ・au ・Softbank
■高速通信容量 1GB・5GB・10GB・20GB

「mineo」の低速通信は、上り・下りともに最大200kbpsと一般的な速度。切り替えるにはmineoのマイページか、専用アプリの「mineoアプリ」を使います。

しかし、200kbpsの速度でもスムーズに利用できるアプリや機能はあります。メールやSMS、文章が中心のウェブサイトなら、高速通信の場合と変わらず、スムーズに見ることができます。 LINEは、画像や動画を送信する場合には少し時間がかかりますが、メッセージの送受信は問題なく普通に利用できます。

mineoアプリでは通信速度の切り替えをはじめ、データ利用量の残量チェック、ほかのmineoユーザーとのデータ利用量のやりとりなどが可能。便利なポイントは、同じユーザーID(eoID)で複数の回線を契約している場合でも、番号ごとに速度の切り替えができるところです。

たとえば、同じ名義で家族の回線を契約しているケースでは、家族全員の速度やデータ利用量を1人の家族が集中管理できます。スマホとタブレットの2台持ちをしていて、普段外出先に持ち運ぶことの少ないタブレットの通信速度をスマホにインストールしたmineoアプリから低速に切り替えておく、といった使い方も可能です。

公式サイトへ:mineo
※このボタンからお得な特典をチェック

 

低速/高速への切り替え機能がある主な格安SIM

サービス名 低速モード時の公称速度 専用アプリ 備考
IIJmio 200kbps IIJmioクーポンスイッチ 繰り越しあり。バースト機能あり
OCN モバイル ONE 200kbps OCNモバイルONEアプリ 繰り越しあり
mineo 200kbps mineoスイッチ 繰り越しあり。バースト機能あり
楽天モバイル 200kbps 楽天モバイル SIMアプリ 繰り越しあり。バースト機能あり
【UQモバイル】 200kbps
(300Kbps)
UQ mobile ポータルアプリ 繰り越しあり。バースト機能あり
イオンモバイル 200kbps イオンモバイル速度切り替え 繰り越しあり。バースト機能あり

このように、通信速度の切り替え機能はいろいろな格安SIMから提供されていますが、すべての格安SIMで使えるわけではありません。

コスト削減のため低速通信によるデータ利用量の節約を考えているのなら、契約したい格安SIMで速度切り替え機能が提供されているかどうか、あらかじめ確認しておきましょう。