|【2021年】厳選!格安スマホ/インターネット |

格安スマホ/ネットの参考書

格安スマホ&ネット通信

文字サイズ

タブレットでも格安SIMを使用することはできるか?

スマホよりもPCに近い感覚でビジネスやプライベートに活用できるタブレット端末。スマホよりも画面が大きく、動画の視聴やアプリなどを使うときにも便利ですよ。タブレットの普及とともに格安SIMを利用してタブレットを使っている方も多いです。

スマホとタブレット2台持の2台持ち、そんな方もいるかもしれません。

格安SIMというとスマホが一番に思い浮かびますが、タブレットでも格安SIMを利用して安くインターネットすることは可能です。

ただし、格安SIMカードを使ってタブレットを使用するには少し条件がありますので詳しく分かりやすく確認していきます。

格安SIMが使えるのはLTE通信対応のタブレット

タブレットでも格安SIMを購入し自分でそのSIMカードを指して設定すればインターネットができるのですが、そのためには「LTE通信」に対応しているタブレットが必要であります。

「LTE」とは、携帯電話で使用されている電波です。格安SIMはこのLTE電波を使っているため、格安SIMを差し込んで使用するタブレットもLTEに対応したタブレットないといけないのです。

また大手キャリア(au、ドコモ、SoftBank)でタブレットのインターネット接続契約をされている方は、そのタブレットはLTE通信に対応しています。ただし、SIMロックがかかっているのでSIMロック解除の手続きが必要になります。

格安SIMが使えるタブレットは?

格安SIMが使えるタブレット

LTE通信に対応しているタブレット(SIMフリーのもの)大手キャリアと契約してネットしているならLTE通信に対応しているタブレットだが格安SIMを使うためにはSIMロック解除が必要。

格安SIMが使えないタブレット

Wi-Fiのみにしか対応していないタブレット。

タブレットをセット購入できる格安SIM

ブランドによってはキャッシュバックをしていたり、割引キャンペーンを展開している場合もあるのでぜひセット販売もチェックしてみましょう。

「BIGLOBEモバイル」:オプション加入でYoutubeが見放題!

BIGLOBEモバイルがタブレット利用に適している最大の理由が「エンタメフリーオプション」を提供していることです。

エンタメフリーオプションに加入することで、YouTubeやAbema TVといった動画コンテンツや、Apple Music・Spotifyのような音楽ストリーミングサービスを視聴する際に消費するデータ通信容量がカウントフリーで利用できます。

タブレットの利用目的として、エンタメコンテンツを堪能することで考えている方も多いと思いますので、その点でBIGLOBEモバイルはおすすめできます。

データ通信専用プランの場合、3GB以上のプランに加入すれば、月額1,078円のオプション料金でエンタメフリーオプションに加入できるので、2,068円~で利用することができます。

音声通話SIMには12か月間の契約期間が発生しますが、プラン料金自体が下がっているのでメリットも大きいので、使い方に合わせて選択することをおすすめします。

▼BIGLOBEモバイル「エンタメフリーオプション」の対象サービス

動画 YouTube、 AbemaTV、U-NEXT、YouTube Kids
アプリ Google Play Music、YouTube Music、Apple Music、Spotify
その他 radiko、Facebook
●BIGLOBEモバイルのプラン月額料金
容量 音声通話SIM データ通信専用
(SMSなし)
通信回線
1GB 1,078 - docom/au
3GB 1,320円 990円 docom/au
6GB 1,878 1,598円 docom/au
12GB 3,740円 2,970 docom/au
公式サイトへ :BIGLOBEモバイル
※このボタンからお得な特典をチェック

 

「LINEモバイル」:主要SNSが使い放題に!

Twitterやインスタグラムなど、タブレットでSNSをたくさん使っていきたいなら「LINEモバイル」がおすすめです。

LINEモバイルでは、SNSデータフリー以上のプランは対象サービスなら、どれだけ使ってもデータ消費はゼロです。

▼「データフリーオプション」の対象サービス

  • ・LINE
  • ・Twitter
  • ・Facebook
  • ・Instagram
  • ・LINE MUSIC

LINEモバイルは格安SIMの中では唯一、「LINEアプリの年齢確認」が可能です。年齢確認は「ID検索」を使うためには必須となる手続きです。

大手キャリアであれば、当たり前にできるLINEの年齢確認ですが、格安SIMとなると貴重な存在と言えます。

  • ・TwitterやインスタグラムなどSNSが使い放題
  • ・SNSデータフリー以上で「SMS」が付いてくる
  • ・LINEの年齢確認が可能SNS音楽データフリー

LINEモバイルの料金プランは下記の通りです。

容量 LINEデータフリー SNSデータフリー SNS音楽データフリー
500MB 600円 × ×
3GB 980円 1,260円 1,460円
6GB 1780円 1,980円 2,180円
12GB 2,700円 2,980円 3,180円
公式サイトへ :LINEモバイル
※このボタンからお得な特典をチェック

 

「IIJmio」:安心安定の老舗ブランド

IIJmioの特徴としては、格安SIMの中でもアップデートの対応が格段早いことです。

格安SIMは最新機種に対してテザリングなどの一部機能の対応に時間がかかることが多いのですが、IIJmioはすぐに対応していくので、老舗のプロバイダならではの安心感があります。

また、ユーザーにとって有益なキャンペーンがしばしば展開されることも魅力です。プランもシンプルで分かりやすく、使いやすさは抜群です。

スマホもタブレットも1つの格安SIMで済ませたい、という人はIIJmioがおすすめです。

IIJmioはすべてのプランで複数枚のSIMカードによる容量シェアができます。

IIJmioの料金プランの中でも、タブレット利用時におすすめしたいのは「ファミリーシェアプラン(12GB)」です。

1契約で3枚までのSIMカードをSIMカード利用料なしで利用でき、最大10枚まで使えるので複数台持ちや家族で一緒にIIJmioを使いたい方に最適なプランで、もちろんタブレットの分のSIMカードを追加するのにも適しています。

使用できるデータ通信量の多いプランなので、タブレットの用途として多い動画視聴や電子書籍などの機能を使うにも少し安心でしょう。

●IIJmioのSMSデータ通信専用プラン
容量 月額料金(SMS機能付きSIM) SMS データ タイプDのみ
2GB 858 825円 748円
4GB 1,078円 1,045円 968円
8GB 1,818円 1,485円 ,408円
12GB 1,848円 1,815円 1,738円
20GB 2,068円 2,035円 1,958円
公式サイトへ :IIJmio(みおふぉん)
※このボタンからお得な特典をチェック

 

UQモバイル:通信速度が安定

一方で、UQモバイルにはデータ通信専用プランに容量無制限のプランがあるのも魅力です。こちらは最大速度が500kbpsに限定されますが、簡単なSNSの閲覧やメールの送受信、画質を落とした場合の動画視聴であれば十分に利用することができます。

UQモバイルがタブレット利用に適している理由は、「通信速度」と「データ専用無制限プラン」にあります。

まず、UQモバイルは数ある格安SIMの中でもトップクラスで通信速度が安定しています。外出先で使いたいとはいえ、通信速度が不安定で使い物にならないとなってしまっては意味がありません。その点、UQモバイルは安心して使っていけると思います。

データ高速プラン・データ無制限プラン
くりこしプラン S くりこしプラン M くりこしプラン L
データ容量 3GB 15GB 25GB
月額料金 1,628円 2,728円 3,828円
基本データ容量超過時 or節約モード時 2,728円 最大1Mbps
通信回線はau回線のみでプランも少ないですが、品質は圧倒的に良い格安SIMです。
公式サイトへ :格安スマホならUQ mobile
※このボタンからお得な特典をチェック

 

mineo(マイネオ):幅広いニーズに対応できる料金プランが魅力

mineoは、ドコモ・au・SoftBankの全キャリア回線の対応したプランを展開しているので、現在利用中の端末を格安SIMでも継続したい人には、利用までがスムーズな点でおすすめできます。

また、プランも小容量から大容量と豊富なので、選択肢が多いのもユーザーには嬉しいですね。契約期間の縛りも無いので、サービス面で万が一不満が出てきた場合でも気楽に解約も可能です。

各種対応回線のプランによって、料金は若干異なります。容量のコース変更は後からでも手数料無料で変更できるので、数ある容量から利用用途マッチしたプランを選定していけます。

シングルタイプ(データ通信)
データ容量 1GB 5GB 10GB 20GB
月額基本料 880円 1,265円 1,705円 1,925円
公式サイトへ :mineo(マイネオ)
※このボタンからお得な特典をチェック

 

楽天mobile

格安安SIMと比較しても遜色ない安さの第4キャリア「楽天モバイル」でもタブレットの利用が可能です。

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V」は楽天回線エリアならデータ通信無制限、かつ5G通信も利用できて3,278円です。

テザリングも無料で利用できるので、スマホ契約とWiFi等の契約が楽天モバイル1本でできてしまう形です。

2021年4月1日より新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」にプランがアップグレードされ、月間1GBまでは0円という驚きの価格設定。 通信量にばらつきがあるなど、使わない場合には費用を大きく抑えられるのは嬉しいです。

楽天モバイルのプラン料金

データ通信量 データ通信専用SIM 月額料金
Rakuten UN-LIMIT V 無制限 ※パートナー回線エリアは5GB/月 3,278円
Rakuten UN-LIMIT VI6GB /月コース10GB /月コース20GB /月コース ~1GB 0円
1~3GB 1,078円
3~20GB 2,178円
20GB以上(無制限) 3,278円
公式サイトへ :OCNモバイルONEの格安スマホ
※このボタンからお得な特典をチェック

 

格安SIMでタブレットを使うメリット

格安SIMでタブレットを使うメリットについてもチェックしておきましょう。

格安SIMを挿せば、Wi-Fi環境がないところでも、サッと取り出してすぐに使っていくことができます。せっかくのタブレットなので、自宅・外出先を問わずに、活用できる時にどんどん使っていくのがベストだと思います。

タブレットで格安SIMを使うメリットとしては以下の3点です。

格安SIMでタブレットを使うメリット
  • ・外出先で使える
  • ・大手キャリアに比べて格安で使える
  • ・Wi-Fiルーターから切り替えれば節約になる

外出先で使える

タブレットに格安SIMを挿せば、通勤・通学などWi-Fi環境がないところでも、いつでもタブレットでネットやゲーム、動画などを楽しむことができます。

外出先でフリーWi-Fiを探したり、いちいち設定画面からWi-Fiに接続したりなどの余計なストレスからも解放されるはずです。

大手キャリアに比べて格安で使える

「大手キャリアのプランに比べると安く使える」という点もメリットです。

大手キャリアもスマホのデータ容量をシェアするプランであれば、安く使えたりもしますが、タブレット単体で使うとなるとやはり割高です。

▼auのタブレット契約の場合

タブレットデータシェアプラン(スマホとのシェアプラン):月額1,000円

タブレットプラン20(20GBのタブレット単体契約):月額5,500円

シェアプランを使う場合も、タブレットのためにスマホの方を大容量のプランで契約してしまうと、結局はトータルで月々の料金が高くなったりもします。

このあたりを考えると、「格安SIMでタブレット単体で契約する」という方法が、やはりコストを安く抑えられます。

Wi-Fiルーターから切り替えれば節約になる

タブレットのためにWi-Fiルーターを契約している人は、格安SIMに切り替えれば、月々の料金を大幅に節約できます。

WiMAXのようなWi-Fiルーターの契約だと、安くても月々3,000円~4,000円ほどの料金がかかかります。

一方で、タブレット用のデータSIMであれば、月々1,000円~1,500円ほどで済ませること可能です。

契約期間も、Wi-Fiルーターの場合は「2年契約」または「3年契約」となりますが、格安SIMの契約であれば「契約期間なし」で契約が可能です。

そのほか、SIMカードをタブレットに挿してしまえば、Wi-Fiルーターを持ち運ぶ必要もなくなるのもメリットです。

このように、タブレットのためにWi-Fiルーターを契約している状況の人であれば、格安SIMに切り替えることで、かなりメリットがあります。大幅な節約にもなるので一度は検討してみるのが良さそうです。

タブレットを格安SIMで使う時の注意点

通信速度が遅くなる場合がある

大手キャリアに比べて通信速度が遅くなったという口コミも中にはあります。時間帯によって通信速度が遅くなったりと、通信速度に関して大手キャリアとの差があります。

基本的にLINEのID検索ができない

LINEについてはLINEモバイル・mineo・IIJmio・イオンモバイルの4社は、年齢認証およびID検索を利用できるようになっています。

その他の格安SIMではLINEの利用自体は可能ですが、スマホ・タブレットともに基本的に「ID検索」機能は利用することができませんのでご注意ください。

mineo・IIJmio・イオンモバイルに関しては、契約時に身分証明書で年齢確認を行っていないデータ専用SIMはID検索を利用できない点に変わりはありませんので、自身が必要とする機能にあわせて利用するSIMの種類も選ぶと確実です。

まとめ:格安SIMとタブレットのセット契約も可能!

既存のタブレットを継続利用したい場合も、必ず動作確認をした上で、上記で説明してきたポイントをしっかりおさえておきましょう。

種類こそ多くはありませんが、タブレット端末をセット販売している格安SIMもあります。

自分の利用用途に合ったプランを提供している格安SIMがいくつか決まったら、その会社がセット販売でタブレットを扱っているかも確認しておくと良いでしょう。

格安SIMはタブレット利用に最適なので、ぜひこの記事を参考に利用を前向きに検討してみていただければと思います。